a0780_000868

多汗症エピソード

触れた手を拭かれたエピソード

更新日:


今回は、だいぶ昔の話ですが
手を拭かれ気持ちわるがられた
少し寂しい気持ちになった手汗の話です。

出勤する時の通勤電車で乗り換えをする時
けっこう歩く場所がありました。

通勤ラッシュの時間よりは多少遅いので大混雑ではないですが
まあまあ人混みはありました。

私の手は垂れるほど汗がでていたわけではないですが
触るとあきらかにベトベトするような
濡れてるなってぐらいには汗ばんでました。

一番めんどくさいタイプの汗です。
タオルやハンカチで拭いても気持ち悪さがとれない汗です。

人混みの中歩いていたので、早歩きの人もいれば
普通に歩いている人もいます。

私は早歩きでなく普通に歩いてましたが
歩く時って誰でも手が前後に動きますよね?

分かりますか?

左足前の時は右腕が後
右足前の時は左腕が後と。

そんなに大きく動かしてないつもりでも
人と人の間隔がせまかったんですね。

急いで前に歩いていった女性の手に一瞬だけあたってしまったんです
向こうがぶつかってきた感じです

これだけならまったく普通ですよね?

その人は私の前の方へ歩いていったので目に入っていて
たあたま見てしまったんですが

ぶつかったその人の自分の手を二度見でして
その後自分の服で拭いたんですね

二度見した時、顔も若干不機嫌そうに見えました。

それを見た瞬間とてもやるせない気持ちに
切ない気持ちになった記憶がありました。

普段は忘れてる出来事ですが汗つながりで思い出す事があります

-多汗症エピソード

Copyright© 手掌多汗症の対策と悩み改善 , 2017 All Rights Reserved.