a1180_010534

手掌多汗症の対応策 メンタル偏

手汗のせいにした悲観的な考えはもったいない

更新日:

手汗の辛さって他人には理解してもらえません。
優しい人でも表面上は理解してるつもりでも真に理解はできてないです。

だって実際に手汗で困った生活を送ってみないとわからないですよ。
そんな風に気持ちを分かってもらえないとどうしても悲観的になりませんか?

でもそうやって悲観的に考えるのは人生を損するんじゃないかな?と
大人になってとても感じるようになってきました。

鬱病でも風邪でも体力面でも健康的な人には
当事者の感覚は分かってもらえません。

たいてい「甘え」だとか、そんなんじゃダメだとか
その人の物差しでの経験で対応されますよね

そういうのは気にしないでください
気にしないなんて難しいよって?
それなら、こういった話してる人いたなぁって思い出すだけで十分です

手汗ってとても不便です。そして地味に辛く生死に関わる病気でもないので
たいしたことないって思われがちです。

手汗は不便だし仕事を選ぶ基準も変わるかもしれないし
人間関係もスムーズにいかなくなる可能性もあり
日常生活に地味に辛い状態が続いていきます。

その繰り返しのせいで、余計にネガティブ思考になってしまう事ないですか?
これって手汗だけじゃなく人と比べてしまって「あぁ自分はだめだ」と
考えてしまう事も同じだと思います。

私の場合は風邪ひいたときも熱がすごい出る事はなく
微熱が長期間続きます。

これけっこう辛いんですが体温計という指標が「それたいしたことないよ」って
言われてるくらいな温度を指すので見た目も顔も風邪っぽくないんです

だけど、体はだるい。

手汗も同じように理解してもらえません。
あ、あなたには理解してもらえると思ってますけどね。

周りの人にこんな事で困ってるって話してもやっぱり
気にするなよーって感じですね

でもそれは一度、受け止めてあなたの人生あなただけのものなわけだから
悲観的になってもいいことはないと思います。

楽観的に。とまでは無理だとしても
意識をするだけで、だんだんと変わる事ができると思います。

そうして少しでも前向きになれたら
手汗対策などを日常に取り入れつつも手汗と付き合っていく

常に悲観的になりながら、どうせ手汗すごいしと文句だけいってる人生
どちらがいいかは誰でもわかると思います。

受け入れる事。ってけっこう難しいですが大事な事だと思いますよ

-手掌多汗症の対応策 メンタル偏

Copyright© 手掌多汗症の対策と悩み改善 , 2017 All Rights Reserved.