a1180_003597

手掌多汗症の対応策 手術編

内視鏡外科手術(ETS)は最終手段。体験談を参考によく考えるべき

更新日:

手掌多汗症は交感神経の関係が原因です

イオントフォレーシスや外用制汗剤など一時的な対処法が効果ある人でも
定期的に治療は継続しなくてはいけない弱点もあります

そこで、最終手段として内視鏡外科手術(ETS手術)という選択肢もあるのですが
注意点として、代償性発汗というリスクを覚悟する必要があります。

手術のリスクとしては
手術後に胸や胴、太ももやおしりなどに汗が多くでてしまう人もいるようです
最悪なケースでは電車移動など日常生活にかなりの支障をきたすかもしれない場合も。

また、手のひらの汗は少なくなり、首や人により顔面も少なくなるため
汗が少なくなる分、首から上が暑く感じるようになる人が多いそうです。

ETS手術は何をするのか?

多汗症の原因である交感神経の機能が問題なので、その神経の働きを止めるために
神経を切り取ったり焼いたりします。

皮膚に小さい穴のような傷をつけて手術します。
そこから背骨近くの交感神経を切断します。手術時間は短く10分前後が多く
傷跡は目立たないようですが、若干わかるんじゃないでしょうか?

昔手術の話を数人で聞いた事があり、実際に傷穴の写真や説明なども聞きましたが
私はどうしても、代償性発汗に対して怖く手術には踏み出せませんでした。

手術をしてほんとよかった。という人の話も聞く事もあります。
逆に代償性発汗がひどすぎて訴えたいという人の話も聞いた事あります。

手の汗に比べれば、太ももに汗がでても全然問題ないという考え方の人もいました。
代償性発汗がどの程度でるのか?実際に治療してみないと医者の人も
わからないようです。つまりすべてを想定して最悪な結果も覚悟しなくてはいけません。

手汗がでなくなり、カサカサすぎてハンドクリームが欠かせなくなった人の話も聞きました。
手掌多汗症で悩んでる人からすると、うらやましい悩みかもしれません

まとめ

内視鏡外科手術(ETS手術)

  • ETS手術は、ほぼ確実に手汗はおさまる手術
  • ただし代償性発汗として胸や胴などに汗がひどくなるケースもある
  • 手術時間は10分程度
  • 右手、左手とそれぞれやる必要があり通常聞き手じゃない方から先に

メリット

  • 手汗に悩まされないですむ
  • 健康保険が適用できる(できない場所もある)
  • 継続的に治療をする必要がない

デメリット

  • 代償性発汗がどの程度か予測不能
  • 翌日から日常生活できると言われるが実際は数日間、体の痛みが大きい
  • 顔や首が暑く感じるケースもある

場所によっては、しっかりとリスクなどの説明をしてくれない場合もあります。

95%大丈夫です。といわれても安心せず残りの5%になったらどうなるの?と
デメリットに向き合ってじっくりと考えた方がいいと思います

私が提案する事としては
手掌多汗症の対応策はETS手術もあるが手術以外にたくさん出来る事があるため

まずは気軽にできるリスクの少ない方法から試す事
自分なりの効果のある方法を見つける事です。

多汗症の人すべての人がこの方法が効果ある!という事はなく
人により効果がかなりある人や効果がいまいちな人もいます。

いろいろ試した結果どうしても手術をしたいという場合には
ETS手術の事をしっかり調べて納得してからがいいと思います。

-手掌多汗症の対応策 手術編
-,

Copyright© 手掌多汗症の対策と悩み改善 , 2017 All Rights Reserved.