a0002_004816

私の苦労経験

中学時代の手掌多汗症

更新日:


中学校の頃も大変でした。
中学生だと少し大人になる分、女の子との関わりも意識する事があり
小学生の頃より精神的な部分からくる手汗はすごかったです。

人を意識する気持ちが小学生よりは強くなってるせいか
緊張による汗は感じてました。

テストで苦労した事も中学生の場合は、内容も難しくなり
解けない焦りと手汗の相乗効果で大変でした。

ほんと集中ができず、元々勉強も得意ではなかったため散々な結果だったんです。

中学時代のこの頃も、あいかわらず多汗症という症状も存在も知らなくその場しのぎの状態でした。
よーく思い出せば「なんで手濡れてるの?」と嫌な感じの言い方をされた記憶もあります

両親も知っていましたが、真剣にとらえてもらえず
軽く馬鹿にする口調の言い方の時もあり、子供心でショックだったような気がします

部活はサッカーを選びました。興味があり好きだった事と楽しかった事
なにより、手をつかわないで済むので、好都合です。

嫌な思い出は意外と忘れるもの

振り返れば小さな事はたくさんあったはずですが
人って時間とともに忘れるものなんだなと思います
よくとらえるならば、時間が経てば忘れてしまう程度の事なんです

その時はすごい気にしているけれど、もしかしたらたいした事ないかもしれない
なんてことを近頃は思います。

なので、今現在小さな事で悩んでる事でも数年、数十年経てば、忘れてしまうのだから
深く考えないようにする事も大事だなという思いです。

-私の苦労経験
-

Copyright© 手掌多汗症の対策と悩み改善 , 2017 All Rights Reserved.