a0780_000349

私の苦労経験

冬は寒くても上着を着すぎない方がいい

更新日:


どちらかと言えば私は寒がりです。
痩せていて脂肪も少ないせいか冬は寒くて寒くて
かなり着込む事が多いんですが、多汗症だといつも考える事があります

それはどんな事かというと着込めば体は温かいけれど
代償として手先は汗が出やすくなります。

まず私の寒がり具合の説明をしたいと思います。

真冬バージョンは例えば
下着シャツ+ヒートテック+ロンT+トレーナーやセーター
その上にダウンジャケット
ヒートテックは上と下両方です。

これはほんと真冬の場合です。

家ではフカフカのしき毛布に毛布2枚と布団2枚
さらにスウェットとトレーナーを上から着るというほど

極限の時はバカじゃないの?というくらいに着込んでました。
ここまでの人はあまりいないでしょうか・・?

真冬でなければ下着シャツにヒートテックにインナー+上着程度

これでもダウンやヒートテックを着るか毎回悩みます。
冬って室内と外の温度差がありすぎるんですね

お店に入るとだいたい手汗でやすくなってました。

なので
予定を考え外の時間と室内の時間どちらが長いか?
どちらを今日は優先するか?

それによっても着る服変える時もありました。
お店や電車がものすごく暑くて外に出るとものすごく寒い

多汗症なので手汗とさらに汗のせいで手が冷えてきます。

外の寒さを少し我慢して汗が出にくい程度に気をつけています。

-私の苦労経験
-,

Copyright© 手掌多汗症の対策と悩み改善 , 2017 All Rights Reserved.